スポンサード リンク

ブロック済みアカウントチェッカーで出来る事

ブロック済みアカウントチェッカーでは、Twitterアカウントで認証することで、Twitter上で自身がブロックしているアカウントの一覧を確認する事が出来ます。

現時点で、Twitter公式(WEB)ではブロック済みのアカウントを確認する手段が提供されていないので、「親しい人を誤ってブロックしていないか」といった確認に便利かもしれません。
Twitterのブロック関連の仕様変更によって、Twitter公式(WEB)でブロック済み一覧が提供されるようになりました。
Twitter公式の「設定→ブロックしたアカウント」からブロック済み一覧を確認可能なので、ブロック済み一覧の確認だけなら、公式の機能を利用する事をおすすめします。

当サイトには、ブロック済みのアカウントをまとめて解除する機能もあり、まとめてバッサバッサとブロック解除出来るので、ブロックを整理するのであれば、役立つかもしれません。
当サイトの機能を利用する場合は、以下の「認証する」ボタンから、Twitterアカウントで認証して下さい。

スポンサード リンク
以下のボタンからTwitterアカウントで認証する事で機能を利用する事ができます。
スポンサード リンク

注意事項
ここで確認出来るのはあくまで「自身がブロックしている相手」であって、「自身をブロックしている相手」ではない点にご注意下さい。
「自身がブロックされたら知りたい!」といった場合は、ソレを「ある程度」確認する事のできるウェブサービス「ひすったー」を御利用下さい。

ついでに…
自身はフォローしているのにフォローしてもらえて居ない相手、いわゆる片思い相手を一覧表示したり、片思いを一括リムーブする事のできるウェブサービスかたおもったーもやっています。
良かったら御利用下さい。

お知らせ
「ブロック済みアカウントチェッカー」をリニューアルしました。